本番直前、初めてのフルマラソン練習法

公開日: 

初めてのフルマラソン出場に向けての練習、本番が近付けば近付くほど不安が大きくなり、練習量を増やしたい、増やさなければと思いがちでしょう。

しかし、実際には逆で、本番が近付けば近付くほど体力温存に努める事、これが完走を目指す最大のコツなのです。


目安としては、大会2週間前からは、一日おきに小一時間ゆっくりと走るのがベター。
初心者の方には、それってとても不安な事かも知れませんが、それまでに十分な練習をしていれば、当日は十分完走出来るはずです。

それでも、もしどうしても毎日走りたいのであれば、30分以内に収め、残った時間はリラクゼーションに当てましょう。
ストレスを溜める事は、何もしなくとも体力を消耗するものです。
ですから、本番が近付けば近付くほど、練習量を減らし、余暇を増やす事を考えるのがコツだろうと私は思いますね。




ただし、いくら暇が出来たからとか、ストレスを溜めたくないからと言って、暴飲暴食に走ってはいけません。
気持ばかりが先走りするのもNG、走っていいのは当日のマラソンコースだけです。

お酒の好きな人は、大会1週間程度前から禁酒に入るといいでしょう。
そして、見事完走したら、思い切り祝杯を挙げるんだと思えば、それが新たな目標になり、パワーに繋がります。


ということで、練習や飲酒を控えてもストレスが溜まらないような素敵な余暇の過ごし方をみつけること。
これこそがフルマラソンを完走出来る大きなコツなのかも知れません。


中々手頃な趣味やリラックス方法、そして適度な練習配分が分からないとおっしゃる方は、いろいろなブログやサイトを参考にされるといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑